ホーム > 造園とガーデニング > ガーデニングを始めよう


ガーデニングを始めよう

ガーデニングを始めようの画像

造園とガーデニングは切っても切れない関係です。

緑が一つもない庭は庭ではなく、それはただの敷地の空間に過ぎません。

コンクリートを流し込んだだけの駐車場のようなエリアを庭とは言いませんし、特別な目的がない限り、そのようなデザインを造園会社に頼む人も多くはないでしょう。

外構や基本の造園は専門業者にゆだねるのが一般的ですが、庭というのは一度作ってそれきりというわけにはいきません。

業者に頼むにしても自分でやるにしても四季折々の手入れというのは必要です。

もちろん、やりたくなければやらなくてもかまわない、というのが自宅の庭の良いところでもありますが、できれば最初に造園をしたときのテーマやプランが生かされ続けるよう、手を加えていきたいところです。

スタンダードな和風の庭では、定期的に植木屋さんに手入れを頼むお宅も多いものですが、かわいらしい、彩りの豊かな一年草をコンテナであしらうなど、できる範囲で手を加えているお宅もよく見かけます。

すでに単なるブーム以上の定着感が出てきたガーデニングですから、最近では実に様々な園芸種の植物が季節ごとに、さらに害虫にも病気にも強く、花持ちよく、華やかに品種改良されて流通するようになってきました。

植物の面倒を見るのは面倒だ、きれいに咲いてもすぐに枯れてしまうし、とガーデニングを敬遠していた人にも簡単に楽しめるような工夫を重ねて出てきた花々は、驚くほど丈夫なものが少なくありません。

本来であれば、ガーデニングの基本として、造園に利用する植物は庭の広さやデザイン、雰囲気にあったもの、香りのバランスなどを考えて選び、庭の環境に適した種を植えるのが理想的です。

庭土の土壌や陽当たりなどを考慮して植えられた植物は、日に日に生長して最終的には一つのまとまりとして一年中目を楽しませてくれるというものですが、いきなり庭全体を考えることから始めることは難しいとしても、コンテナなどに植えて楽しむ花々も充分に空間を潤してくれるはずです。


 
ニング・庭・エクステリア用品ショップ ガーデンアート増樹